当社は東証1部上場GMOインターネットグループのWebシステム開発会社です。

サービスを生み出す
エンジニア仲間を
募集しています。

当社は、オープンな開発技術を用いて、Webアプリケーションの開発を行っている会社です。

扱っている技術

当社では、15年にも渡る歴史の中で培ってきた、膨大な知識と実績というバックボーンに支えられ安定したJavaと、
比較的歴史は浅いものの開発速度に優れ、スモールスタート、クイックスタートを望むお客様にベストマッチするRubyとを使い分けることで、
お客様の選択肢の幅を広げることに成功しています。
多種多様なニーズを持つお客様と直接接しながら止まることを知らないインターネット技術の進化にも適応して開発を行う機会が多いことも当社の特徴です。
その結果、企業としてもエンジニアとしても、常に成長を続けています。

  • Javaとともに進化し続けて15年

    創業以来、当社はJavaを中心としたWebアプリケーション開発を行ってきました。創業間もない2000年頃は、まだ JavaによるWebアプリケーション開発を行うための汎用的なフレームワークは登場しておらず、自社でフレームワークをオリジナルに創って持つ必要がありました。その後、JavaによるWebアプリケーション開発に用いることができるオープンソースのフレームワークが登場すると、それらをいち早く採用し、より汎用的なフレームワークスイート(オープンソースフレームワークの組み合わせ)を活用するようになりました。Strutsや、Hibernate といったフレームワークがそれに当たります。

    さらに時代が進み、軽量プログラミング言語(LL)がインターネット上のサービス開発で多用されるようになってくると、当社でも、より軽量な開発ができるフレームワークを選択するようになり、SAStrutsやSpring Frameworkといったフレームワークを活用した開発を実施するようになりました。

    また、2015年のJava7サポート終了に伴い、さらなる新しい進化を求め、Java8を活用したJava EEベースの開発事例も増えてきています。そこにはまだ決まった一つの答えがあるわけではなく、安定したサポートが望めるWildflyをベースとしたものや、コストを抑えて高い開発効率が望めるJerseyをベースとしたものなど様々です。我々にとって重要なことは、その時お客様が求めるニーズに最も適した答えを見出しご提案すること。そのための一つの、ただしとても頼れるツールとして、当社ではJavaを活用しています。

  • もう一つの選択肢、Ruby on Rails

    長年、Javaを中心に用いていた当社ですが、軽量プログラミング言語(LL)への具体的な取り組みとして、Ruby on Rails の活用も積極的に行っています。
    Ruby on Railsの最大のメリットは、何といってもJavaでは到底及ばない開発効率の良さ、プロジェクト開始からリリースまでの開発スピードにあると言えます。

    当初、自社サービスの開発からその活用に取り組んだRuby on Railsですが、今では受託案件の中でもその利用事例を広げてきており、Rails2系が最新の当時から、2015年8月現在の最新バージョンであるRails4.2に至るまで、たくさんのお客様の「1日でも早くリリースしたい」というニーズに応えてきました。
    多様なWebサービスが乱立する今日においては、この開発スピードはアドバンテージではなく必須要件となりつつあるのです。

    また、インフラ環境も例外ではなく、仮想サーバ環境(クラウド環境)での開発やサービスリリースの機会が増えてきています。これもまた、機器の調達、設置に掛かる時間を省略して素早くサービスを立ち上げるためにとても有効な手段となっています。

GMOインターネットグループならではのサービスインテグレーション

GMOシステムコンサルティングは、システム開発を行って納品して終わり、という会社ではありません。
お客様がサービスを運営するインフラやネットワークの構築、サービスを立ち上げるための独自ドメイン管理、Webにおけるセキュリティを確保するためのSSLサーバ証明書管理、サービス開始後のSEO対策など、多岐に渡るサポートも含めて幅広くサービスを提供している会社です。そしてその全てのリソースをGMOインターネットグループ内で賄えるという特徴があり、それゆえ貴重な体験ができる会社でもあります。
当たり前のことですが、要件を定義し設計をして、実装後にテストしただけでは、実際にサービスは何も動き出しません 。当社がGMOインターネットグループにいながらにしてシステム開発を行うことの最大のメリットは、お客様のサービスを動かすために必要な全てを持ち、いつでも最適な選択肢を提供できることです。つまりこれが当社にとっての「サービスインテグレーション」なのです。
また、そのような環境下で経験を積んだ優秀なエンジニアが多数在籍しているため、まだ経験の浅い方でも安心してスキルを身につけながら、プロジェクトに貢献することができます。
プロフェッショナルとして、胸を張って「サービスインテグレータです」と言えるような、そんなキャリアパスを我々と一緒に描いてみませんか?
「あなたは何ができますか?」「何でもできます!」と答えられるエンジニアを目指して。

  • 大量アクセスへの対応

    当社では、インターネット上で展開されるサービスの開発を行うことがほとんどです。そのため、アクセスの集中が想定される大規模なシステムの開発を頻繁に行います。
    アクセス集中に対応するため、apache、tomcatといったミドルウェアの能力を最大化するためのチューニングやDBMSパフォーマンスチューニングはもちろんのこと、キャッシュやKVSの活用やサーバーのオートスケーリングなど、最新の技術を常に取り入れながら対応を行っています。

  • マイクロサービスアーキテクチャ
    での開発

    マイクロサービスアーキテクチャのメリット
    • ・サービスを相対的に小さくすることができる
    • ・サービスごとに最適なプログラミング言語、フレームワークが選択できる
    • ・他のサービスと独立してデプロイできる
    • ・スケール戦略を他のサービスから独立して行なうことができる
    • ・他のサービスによる障害の影響を分離することができる
    • ・特定の技術へのロックインを避けることができる

    ※開発するアプリケーションの特徴や規模、追加機能開発の頻度などを考慮し、モノリシックかマイクロサービスのどちらのアーキテクチャが適しているかを常に検討しながら開発を行っています。

トップへ

すべての人にインターネット
関連サービス

Copyright © 2017 GMO System Consulting, Inc. All Rights Reserved.