GMOシステムコンサルティング

「GMOクラウドEC パッケージEC」をカスタマイズしたECサイト構築事例

  • GMOシステムコンサルティング
  • MENU
bg

開発事例GMOクラウドEC パッケージEC

ECサイト運営に必要なフロント側機能、大規模EC向けの店舗管理機能など、
各種機能を取り揃えております。
決済連携やシステム連携など、オリジナル機能の開発にも柔軟に対応いたします。

アース環境サービス株式会社様

総合環境衛星管理に関する専門性の高い技術サービスを全国展開で提供。

  • パッケージ
  • スクラッチ
  • CMS
  • 保守・運用
  • スマホ対応
  • クラウドASP

基幹システム刷新と同時にECサイトリニューアル。

パッケージ機能を利用し、こだわりのBtoB ECを実現

法人向け薬剤の通販サイト「Shop-ESCO」
法人向け薬剤のオンラインショップ「Shop-ESCO」

アース環境サービス様:パッケージになるのですが、一からの構築は必要なく、標準装備で十分サイトを開設可能なところが一番良かった点です。よってECサイトを立ち上げるにあたり必要最低限のカスタマイズですむ為、費用面でも助かりました。

また、大手企業ですのでリリース後のサポート体制やマイナーチェンジ等、必要に応じて対応頂ける為、導入してよかったと思っています。各営業所での受注処理作業の効率化、営業担当者の物販に対するお客様対応の軽減に繋がったと思っています。

検討者にお薦めするポイントとして、保守担当 と 営業の方のレスポンスがよいのと、導入者目線で対応頂いているので誠意を感じてます。GMOクラウドEC パッケージECを選んでよかったと思います。技術者の方は、非常に専門的な知識もあり要望に対しての回答も的確でスムーズに導入できました。 また今後になりますが、商品販売の売上アップを期待しています。

要件

法人向け対応・・・
顧客ごとの価格表示の切り替え、見積書・領収書発行、請求先情報の管理
外部連携・・・
基幹システム連携、セコム安心ログインサービス連携(SSO)
薬事法に準じた注文フローへの対応・・・
第一類医薬品の設問、薬剤師確認による出荷承認フロー
UIデザイン・・・
外部ECコンサル会社との連携によりこだわりのデザインを実装
アース環境サービス様機能構成図

システム構築のポイント

  • ECパッケージの機能を利用(既存機能の設定を調整)して、BtoBに対応
  • 基幹システムの刷新に合わせて、ECも同時期にリニューアルを実施
  • 基幹リニューアルが数年がかりのプロジェクトのため、ECの要件定義とタイミングを合わせることで連携開発の手戻りが生じないようプロジェクトを進行
この開発事例に関連したサービス

株式会社神明きっちん様

米油・米糠専門ショップ「0.6RICE BRAN OIL」を展開。

  • パッケージ
  • スクラッチ
  • CMS
  • 保守・運用
  • スマホ対応
  • クラウドASP

ASPカートから「パッケージEC」へのリプレースで大規模プロモーション対応が可能に!

コールセンター受注にも対応し、大幅な業務効率化を実現

米糠加工商品通販サイト「おこめぶらん」
通販サイト「おこめぶらん」

神明きっちん様:これまで使用していたプラットフォームでは手のかかる改修が必要だった機能を標準で対応できるのが魅力でした。これまで1個外部ツールを挟む必要があった出荷拠点別の送り状発行や重量ごとの送り状複数枚発行を内部で完結できるようになったこと、定期購入のお届けサイクル決定の自由度向上などが実現できました。

また、リニューアル前はコールセンターで電話注文の代理注文登録ができず、業務効率が課題でした。クレジットカードの定期注文も決済専用端末が標準連携されているため、コールセンターでのクレジットカード注文が可能になりました。
さらに、リニューアル前は定期のプラン変更やお客様側での変更ができない状態でしたが、対応可能となり顧客側の利便性向上とコールセンター側の作業負荷を軽減が実現できました。

ASPカートからの主な乗り換え理由

TVCMなどの大規模プロモーションを行った際の注文増に対応するため、コールセンター(バックオフィス)の受注処理の効率化が必要だった。

要件

サイト構成・・・
2サイトを1サイトに統合して内部業務を効率化
バックエンド機能・・・
コールセンターでクレジットカードを利用した定期プランの代理注文に対応
フロント機能・・・
フロント画面からの定期プラン変更
神明きっちん様機能構成図

システム構築のポイント

  • 定期決済に関するユーザー側、運用側の機能を拡充し、サイトとしての利便性を向上
  • 内部業務改善(コールセンター側の作業負荷を軽減)
  • ECパッケージの基本機能を最大限活用し、基幹システムに手を加えず運用を効率化
  • 既存の定期会員データをスムーズに移行
この開発事例に関連したサービス
BtoBGMOクラウドEC パッケージECプラン

株式会社わかさ生活様

医療機関向けEC

導入3ヵ月で医療機関との契約率が2倍強に増加。営業の効率化で必要人員が30名から10名に。

わかさ生活

わかさ生活様:ブルーベリーをメインとしたサプリメントの開発・販売

タイトなスケジュールと医療機関向け要件に標準機能で応えた「パッケージECプラン」

株式会社わかさ生活様は、瞳をはじめ体のお悩みをサポートするサプリメントや美容商品、スポーツ関連商品などの開発販売を手がけています。瞳の健康をサポートする「ブルーベリーアイ」といえばピンとくる人が多いのではないでしょうか。同社は創業当初から通信販売に注力しており、非対面販売での豊富な実績を生かし、ECサイトへのシフトも順調に推進しています。そして今回取り組んだのが、医師の紹介なしでは購入できない「医療機関サプリメント」のECサイト構築でした。

医療機関が扱う機能性表示食品のサプリメント

——今回は医療機関サプリメントを取り扱うECサイトの構築に取り組まれましたが、一般販売のサプリメントとはどのような違いがあるのでしょうか。

梶浦様:創業時に誕生した『ブルーベリーアイ』をはじめ、多くの商品は非対面の通信販売を中心に取り扱っています。一方で、医療機関サプリメントは、眼科や薬局などが取り扱うことを前提としているため、対面の販売となり、ここが一番異なる点です。機能性表示食品であったり、医療現場からも信頼される研究結果に基づいて誕生させた商品であったりすることも挙げられます。ただ、取引を行う上で在庫を抱えたくないというご要望もありますので、紹介であることを前提として、FAXや電話での注文も受け付けていました。おかげさまで医療機関サプリメントの販売は順調に伸びてきており、さらなる販売強化に向けて窓口を拡げたいと考え、ECサイトの構築に取り組みました。

藤井様:医療機関様へは、紹介からのご注文でも対面販売と同等のインセンティブをお渡ししています。その仕組みを運用するためには、一般販売のサプリメントとは別のECサイトを構築する必要がありました。

わかさ生活

インセンティブの機能を標準で備えていることを評価

――医療機関サプリメントのECサイト構築では「パッケージECプラン」をご採用いただきました。どのようなきっかけで「パッケージECプラン」を検討されることになったのでしょうか。

梶浦様:システム構築を手がけているエヌシーアイ総合システム株式会社(NCI)様にご紹介いただきました。導入までの期間が2~3ヵ月というタイトなスケジュールでしたから、システム開発を最小限に抑える必要がありました。いくつかのパッケージを検討させていただきましたが、「パッケージECプラン」以外の製品ではカットオーバーに間に合わないと判断しました。特に「パッケージECプラン」はインセンティブの機能を標準で備えていることが大きなアドバンテージでした。

――ECサイトの構築において、課題となったことや工夫したことなどがありましたら教えてください。

梶浦様:サイト構築時点で1300ほどの医療機関様にご契約をいただいておりました。その多くは小規模なクリニックのため、電話やFAXのほかに新たなチャネルが増えるとなると、患者様への説明を含めた導入自体が大きな負担となってしまいます。そこでECサイトでスムーズに購入できるということに注力しました。

導入3ヵ月で医療機関との契約率が2倍強に

――医療機関サプリメントのECサイト構築により、どのような効果が得られましたか。

梶浦様:医療機関様が在庫を抱えるのはリスク要因の一つとなりますが、ECサイトがあると在庫の負担がないということでご評価いただいています。電話やFAXでも注文を受け付けていましたが、ECサイトのほうが手軽ということで、営業活動にも追い風になっています。導入後3ヵ月で医療機関様との契約率が2倍強にまで上がったこともありました。

藤井様:医療機関サプリメントにおいては、ECサイト経由で購入したいという声を患者様からいただくこともありました。その声にお応えすることは、医療機関様にとってもメリットとなるはずです。契約率が上がったのは、双方にとってのメリットがあったからと考えています。また、電話やFAXで受け付けた注文を取りまとめて医療機関様にお知らせするのですが、かつてはその全てを手作業で行っていました。ECサイトを構築したことで、そうした注文も記録として残せるようになったので、作業の効率化に大きく貢献しています。営業活動の効率化にも繋がり、30名で対応していた業務を現在10名ほどで対応しています。

――現状での課題点はありますか。

藤井様:まだ利用率が少ないと感じています。患者様の半数近くが電話やFAXを利用されているため、ECサイト上で情報を提供するなどして、徐々に誘導していきたいと考えています。

わかさ生活

今後は顧客情報の一元化を視野

――今後の取り組みや展望について教えてください。

梶浦様:ご注文いただく際の各チャネルで扱っている顧客情報の一元化に取り組みたいと考えています。そのうえで医療機関サプリメント販売における制度全体を整えて有効な施策に取り組んでいきます。定期割引を提供できる商品とできない商品を一緒に扱えるようにするといったことにも取り組みたいですね。また、インセンティブの処理では、まだ一部で手作業が残っています。意外と時間がかかっていますので、自動化を進めていくことも検討しなければいけません。

藤井様:医療機関様ともっと情報を連携し、関係性を深めていくという点においても、ECサイトへの期待が大きいです。チャネルが増えたことで、情報が共有しやすくなりましたから。現時点では、提携する医療機関様の数を増やすというよりも関係の強化を重視しています。また、受注から配送までのフルフィルメント面では、少しでも早くお届けできるような取り組みを進めていきます。支払方法も多様化していますので、より多くのニーズに応えられるようにしていきたいです。

【生活医療機関サプリメント情報サイト】
https://www.dr-supplement.jp/

【医療機関ご紹介のお客様専用通販サイト】
https://pro.wakasa.jp/m/clinic

システム構築のポイント

  • 会計管理システム連携
  • 出荷システム連携
  • パッケージのカスタマイズではなく、設定変更のみで要件を実現(推奨医師選択画面/アソシエート機能)
機能構成図
この事例に関連したサービス

株式会社メアシス様

国内外全メーカーのコンタクトレンズを取り扱い主要都市を中心に全国展開。

  • パッケージ
  • スクラッチ
  • CMS
  • 保守・運用
  • スマホ対応
  • クラウドASP

「GMOクラウドEC パッケージEC」で既存ECサイトをリニューアル。

基幹システム連携により、受注処理を中心にバックヤード業務を効率化、運用チームメンバーを2名削減。
月間の新規顧客獲得数が2.5倍、カートイン後の購入率は9割になりました。

コンタクト通販サイト「メアシス」
株式会社メアシス 通販システム企画課 小林様

小林様:リニューアル前は、受注一件ごとにメーカーへ発注処理を行なっていました。また、キャンセルや注文ミスの対応時には、手運用で各プロセスを変更する必要があり、大変手間がかかっていました。今回のリニューアルでは基幹システムとのデータ連携により、ほぼ自動で注文情報がメーカーに送られるようになったため、運用業務が効率化されました。それにより、運用チームメンバーを2名削減することができました。「GMOクラウドEC パッケージEC」は簡単なHTMLを覚えてしまえば、編集が可能なので、自分もサイト運用に携わっています。

機能概要

「リピート購入までの操作をできるだけ短縮する」ことを課題とし、フロント側は商品選択しやすいオリジナルレイアウトを実装し、管理側でも新機能を構築しました。

コンタクトはまとめ買いや定期購入が多いため、あらかじめ割引率の異なるセット商品を複数パターン用意し、1つの商品として提示する必要がありました。また、右目と左目で異なる度数での注文があるなど、製品特有の商品管理が必要で、これらの要件を満たすことが求められました。 「GMOクラウドEC パッケージEC」は、セット商品を登録できる機能を備えており、複雑な商品構成を展開することができます。ユーザーは、最初にセット商品または定期購入商品を選択し、次の画面で度数などを選択し、ストレス無く商品を購入できるようになっています。マイページの購入履歴からの再注文機能があるので、リピーターはさらに最短ステップでの購入が可能です。新規ユーザーにも、クーポン利用での購入時に迷わない導線が提供されています。 管理側では、基幹システムや各種決済と連携し、随時データ送信を行っています。リニューアル前は手作業で行っていた注文やキャンセルの処理をシステム上で完結させることができるようになり、人的コストが削減されました。また、MAツールとも連携し、顧客セグメント機能による効率的なメール配信プロモーションを行い、リレーションシップの強化に繋がっています。

商品マスタ・・・
「GMOクラウドEC パッケージEC」の商品管理機能を利用したセット商品複数登録
マイページ・・・
購入履歴からの再注文、ポイント履歴、定期購入管理ほか
メアシス様機能構成図

システム構築のポイント

  • 基幹システム連携
  • 決済システム「veritrans」「NP後払い」連携
  • メール配信システム「お名前.com メールマーケティング」連携
  • MAツール「シナブル EC Intelligence」連携
この開発事例に関連したサービス

ゴディバジャパン株式会社様

チョコレートをメインとした菓子、乳製品、飲料等の輸出入、製造、販売。

  • パッケージ
  • スクラッチ
  • CMS
  • 保守・運用
  • スマホ対応
  • クラウドASP

「GMOクラウドEC 受発注」をカスタマイズして、受発注システムを構築

複数サプライヤーの注文情報を一元管理し、受注業務を効率化

「GODIVA」オンラインショップ
「GODIVA」オンラインショップ

「GMOクラウドEC 受発注」を物流業界向けにカスタマイズした「WEBオーダーシステム」で受注業務の作業時間30 %削減。作業人員は8名から4名に。繁忙期にも強い物流システム構築の秘密とは。

ゴディバ ジャパン株式会社様は日本国内に300店舗を持ち、百貨店、ショッピングモール、スーパーマーケット、コンビエンスストアなど多くのチャネルに展開されています。バレンタインデーに代表されるイベントシーズン限定の商品や、焼き菓子、ショコリキサー(チョコレートドリンク)、など上質なチョコレート製品が幅広い層に支持されています。「物流とITのコラボレーション」について、導入ご担当者のゴディバ ジャパン株式会社 サプライチェーン部の梶原博文様と斉藤佳代様、物流業務と「WEBオーダーシステム」を提供する鈴与株式会社フルフィルメント営業推進室 山岡和明様にお話を伺いました。

ゴディバジャパン様

美味しくて美しいチョコレートのパッケージの秘密 ―複数のサプライヤーが関わる

——ゴディバのチョコレートは美味しくて、宝石箱のようなパッケージに入っていますね。食べ終わった後の箱を再利用されるお客様も多いと伺っています

ゴディバ 梶原様:ギフトボックスでご提供している商品ですと、チョコレート本体とパッケージやリボン、包装紙や手提げ袋は倉庫で別々に管理されています。発注を受けてから倉庫内で個別にチョコレートを化粧箱に入れ、包装します。手提げ袋などはまた別のサプライヤーに発注し必要数をそれぞれの倉庫から店舗に別ルートで届けています。チョコレートドリンク類も同じで、カップやストローなども調達ルートが異なります。サプライヤーは12社に渡っていますので、受発注業務は非常に複雑で正確性が求められます。一つの商品をご提供するためには店舗からの発注と同時に、複数のサプライヤーが一斉に遅れることなく配送準備を始めないと、お客様のお手元には届かないのです。

ゴディバジャパン様

(右から)
ゴディバジャパン株式会社 サプライチェーン部 ロジスティクスアソシエイトマネージャー 梶原博文様
ゴディバジャパン株式会社 サプライチェーン部 斉藤佳代様
鈴与株式会社 フルフィルメント営業推進室 室長 山岡和明様
鈴与株式会社 第三DC事業部 日高物流センター 柳生治男様

「WEBオーダーシステム」を導入した経緯 ―分断化されたシステムの問題点

——従来のシステムからリニューアルされた必要性、また、「WEBオーダーシステム」を御採用いただいた経緯をお聞かせください。

ゴディバ 梶原様:2015年に全ての店舗をゴディバ ジャパン社が統括することになり、それまで百貨店で展開していた店舗も含み、取扱店舗数は2倍になりました。旧システムでは各店舗のオーダーを「受注センター」に一旦全て集約して、そこから本部の担当者が人力で各サプライヤーに発注業務を行なっていたので、店舗を全て担当することになった際の負荷は想像以上のものでした。

ゴディバ 斉藤様:朝一番で各サプライヤーに発注をかけ、その先では鈴与さんをはじめした複数のサプライヤーが庫内作業から運送業務までを行い各店舗に届きます。手作業での発注業務を配送に遅れないように、勤務時間や内容を調整していました。まさに人がシステムに合わせていたわけです。

鈴与 山岡様:もともと当社は物流サービスをゴディバ様にご提供していまして、そのご苦労は良く存じ上げていました。ちょうどそのタイミングでGMOさんの「GMOクラウドEC 受発注」をカスタマイズして共同開発していた「WEBオーダーシステム」が稼動しましたので、物流業界とITシステム開発そして何よりゴディバ様の業務を熟知している我々ならお役に立てると考えたからです。

クリスマスシーズン直前の2017年12月にカットオーバー ―各店舗と各サプライヤーを一気通貫で橋渡して分断された情報を一つの流れに

——実際にお使いになってみてのご評価を教えてください

ゴディバ 梶原様:チョコレートはクリスマスからホワイトデーまでが繁忙期なので、その時期に間に合わせる為に12月1日から導入しました。「WEBオーダーシステム」は、各店舗からサプライヤーに直接オーダーが行く為、発注ミスやシステム障害などあると、売上に影響してしまいますのである程度のトラブルは覚悟していた部分もあるのですが、実際は驚くほど問題なく軌道に乗りました。複雑な物流の受発注を俯瞰で見える化できたのが本部としては大きな成果だと思っています。

ゴディバ 斉藤様:マニュアルを作成して各店舗に渡してテスト環境で練習してから本番に移りましたので、その練習中や導入当初にいくつか質問がありましたが、大きな抵抗感は無かったと記憶しています。何よりも本部で行なっていた発注業務が無くなり、担当者が8人から4人になりました。通常の3倍、日次9,000lineとなるクリスマスシーズン、バレンタインから春に掛けてのピーク時 に対して、導入当初から貢献してくれるシステムでしたので、非常に助かりました。

ゴディバ 梶原様:「WEBオーダーシステム」は当社とサプライヤーさんを繋ぐだけでなく、一部運送業者さんとも共有して使用しています。これによって、店舗からの発注と同時に運送便の手配が可能になって、配送車や人員の確保などリアルタイムで行えます。

鈴与 山岡様:各サプライヤーさんやご担当者によって、公開する受発注情報の権限を細かく制御できる仕様ですので、情報セキュリティ対策にも配慮したシステムになっています。

今後の展望

——今後、展開する御社のサービス、や「WEBオーダーシステム」への期待についてお聞かせください。

ゴディバ 梶原様:基幹システムとの連携を行いましたがさらにこれを強化したいと考えています。また、操作画面の使い勝手の向上など今後さらに強化して行きたいと思っています。

鈴与株式会社が提供する「WEBオーダーシステム」を含む「3PLサービス」の詳細はこちら

3PLサービスについて
https://3pl.suzuyo.co.jp

商品マスタ・・・
「GMOクラウドEC パッケージEC」の商品管理機能を利用したサプライヤー向け商品管理
マイページ・・・
購入履歴からの再注文、ポイント履歴、定期購入管理ほか
GODIVA様機能構成図

システム構築のポイント

  • 基幹システム連携
  • ERP連携
  • 承認フロー機能構築
  • サプライヤー向けマイページカスタマイズ
この開発事例に関連したサービス

トップへ